PR

 

【iPhoneのバッテリー膨脹】料金や段取りは?AppleStore持ち込み修理

スポンサーリンク
技術
モクソン ホウ

法政大学文学部哲学科卒。編集関係の業務に従事。金融、教育、スポーツなどのメディア運営に携わる。FP2級、宅建士。趣味は絵画制作。コーヒー、競輪もこよなく愛す。

モクソン ホウをフォローする

バッテリー膨張で本体が分離したiPhone5(Photo by 快適暮らし研究会)

バラバラになったiPhoneは、運気が良いとは言いがたいものです。まるで、自分自身がバラバラになったような苦痛すら感じてきます。古いiPhone5は電話機として退役していますが、iPod touchとしてはまだまだ使えていました。

このiPhone5がバラバラになった原因は、バッテリーの膨張です。驚くべきことに、このiPhoneはまだ電源が入ります。

AppleStore銀座店にて見てもらうことにしました。スタッフの事前説明によると、バッテリー膨張による本体分離では、全取っ換えになるケースが多いようです。見積もりは、水ぬれ、過失や事故による損傷などがないならば、バッテリー交換と同じ8,800円(税抜き)をいただきました[1]損傷があった場合には、30,800 円です。

ギャンブルのようです。実際に見てもらわないと、正確な見積もりは分かりません。30,800 円の見積もりになった場合、修理はやめるつもりです。8,800円で新しいiPhone5が手に入るなら、チャレンジしてみてもよいと思いました。

どのような結果になるでしょう。改めてご報告します。


【脚注】

  1. iPhone 修理サービス料金 – Apple サポート
タイトルとURLをコピーしました