PR

 スクリプト

耳鳴りのする男の話

スポンサーリンク
美術/創作

30代から美術制作を描き始めました。第35回、第34回 現代童画展入選。第20回 日本の自然を描く展 自由部門入選

Kunihiko Kimuraをフォローする

 その男は、音楽の耳鳴りがするそうだ。わたしは、その男に聞いてみた。

「どんな音楽なの?」

すると、男はこう言った。

「壮大で、輝かしく、夢のような耳鳴りだよ」

わたしは、

「あら、そう。それなら、楽譜にしてみれば」

と言った。

すると、男はこう言った。

「ぼくは、楽器がひけないし、楽譜が書けないよ」

わたしは、

「あら、それなら、残念ね」

と言った

すると、男はこう言った。

「胸がつまるような思いだよ。これは音楽なのだろうか」

と言った

わたしは、

「お医者さんに行ったらどうかしら」

と言った。

そして、男は病院に行った。

クスリを朝昼晩、三錠一日飲んでいると、音楽が聞こえなくなったそうだ。

わたしは、

「よかったわね。これで、毎晩ゆっくり眠れるわね」

と言った。

すると、男は

「ぼくはいつでも眠られていたさ。なんだか、もったいないような気もするけれど、病気が治ってよかった。よかった」

と言ったのだった。

タイトルとURLをコピーしました